お知らせ

栃木土木事務所発注の今里現場完成しました。

いなば建設株式会社は、土木工事などを専門とする建設会社です。

 

コラム トピックス

        都賀町 羽黒神社のボランティア活動について

 創業から今年で40周年を迎えました。取締役会長の鈴木でございます。
 今回は、いなば建設のボランティア活動についてお話しをさせて頂きます。
平成16年からですので、今から13年前のことです。栃木市都賀町の羽黒神社の水路で、子供達が遊んでいるのを見かけたところ、川の中に「割れたびんの破片」など多くあることに気づきました。これは「あぶない」と思い、誰かが始めなければいけない。ならば、私が「ライフワーク」として子供達のためにやろうと決意したのが「きっかけ」でした。3年後の平成19年7月6日には、都賀町長から「感謝状」を頂きました。ボランティア活動は、毎週土曜日に行っています。当初は、今のものではない「コーラなどのビンのかけら」などの危険物が多くありました。今は「ポイ捨ての缶」や「ポイ捨てごみ」を拾っています。また藻が生えてきたら、かり取っています。2tダンプ1台分になるときもあります。缶やごみは、だいぶ少なくなってきました。きれいになっていれば、捨てる人も減るのだということが良く分かりました。羽黒神社の水路の清掃活動から、いつしか神社の清掃もするようになりました。
これからを担う子供達が安全に楽しく遊び、将来その子達の子供が、羽黒神社で遊んでくれるように願って活動しています。
 結びに、読んで頂いた皆さまのご健勝、ご多幸を祈念し「都賀町 羽黒神社のボランティア活動について」のご報告をさせて頂きました。
今後とも「いなば建設」を末永くよろしくお願い致します。

                       いなば建設㈱
                       取締役会長 鈴木 忠男

コラム トピックス

       栃木県知事表彰について
 平成30年7月9日に栃木県知事 福田富一さまから表彰状を頂きました。
現場は、「道路改良工事 栃木小山線その1(快安道補) 小山市卒島」小山市消防署・豊田分署のそばです。
 いなば建設において、「安全第一」「工期の厳守」「地元に喜ばれる仕事」を心掛け、行ってきた成果だと思います。また、関係各位の皆さま、協力会社の皆さまのお力添えをいただいたおかげに他なりません。これから、もっと、もっといいものを作り上げていけるように、ご協力のほどよろしくお願いいたします。
 結びに、皆さまのご健勝、ご多幸を祈念し「栃木県知事表彰について」の挨拶と致します。

                       いなば建設㈱
                       代表取締役 岸 辰明

コラム トピックス

       「台風対策」について
 平成27年9月9日夜半から降り始めた雨は、台風18号の影響により「線状降水帯」という聞きなれない状況となり、いなば建設本社が「水没」しました。
 あれから3年経ちましたが、現在「台風対策」として、「国・県・市」の協力のもと、豊穂川最下流の「排水対策」として「ポンプ設置」を準備しています。現地に近いことから「いなば建設」が設置作業を行っています。そして緊急時にはポンプを始動させます。地味な作業ではありますが、備えているのです。
今回、台風は逸れましたが無駄なことはありません。起こってからでは遅いからです。3年前は、水没した本社を見ているだけでした。今は違います。
 いなば建設は頑張っていきますので今後ともよろしくお願いいたします。
 結びに、皆さまのご健勝、ご多幸を祈念し「台風対策について」の挨拶と致します。


                       いなば建設㈱
                       代表取締役 岸 辰明

コラム トピックス

         栃木県「愛ロードとちぎ」について
 平成30年10月6日(土)に「愛ロードとちぎ」の活動を行いました。
ボランティア活動場所は、「主要地方道 栃木小山線 小山市・観晃橋~小山市・立木交差点(小山レミコンへ行く交差点)までの350mです。
 ことしは、異常な暑さのため、7月・8月のボランティア活動は中止としました。ボランティア活動の後で、従業員が「熱中症」では、困ってしまうのでやむなく中止とさせていただきました。
 ボランティア活動とは何なのか。「あの、赤いねじり鉢巻きのお父さん」に教わった気がします。
 いなば建設は頑張っていきますので今後ともよろしくお願いいたします。
 結びに、皆さまのご健勝、ご多幸を祈念し「栃木県愛ロードとちぎについて」の挨拶と致します。


                       いなば建設㈱
                       代表取締役 岸 辰明

コラム トピックス

         いなば建設安全大会を終えて
 平成30年度の安全大会を8月30日(木)に開催致しました。
 ご参加頂いた皆様には、誠にありがとうございました。
おかげさまで、今年も盛大に行うことができました。(笑)
これも関係各位の皆さま、協力会社の皆さまのお力添えをいただいたおかげに他なりません。
 今年の夏は、気象庁観測史上「類を見ない」猛暑となりました。これからは、当たり前のことのように「更なる熱中症対策」が必要となることが確定したと感じました。この気候変動による災害が「いつ起きるのか。」ではなく「もう始まっている。」と考えれば、建設国債により「防災のためのインフラ整備」へ躊躇なく、20年くらい前の予算をつけていただきたいものです。
 いなば建設においては、「安全第一」で公共工事に邁進して参ります。いなば建設安全大会を契機に、受注増をめざしてこれからも頑張っていきますので、今後ともご協力のほどよろしくお願い致します。
 結びに、皆さまのご健勝、ご多幸を祈念し「安全大会を終えて」の挨拶と致します。


                       いなば建設㈱
                       代表取締役 岸 辰明